美容

症状が改善する

美容

眼瞼下垂はまぶたがたるんでしまう症状の1つです。まぶたが垂れてしまうと老け顔に見えてしまい印象が変わります。眼瞼下垂を改善することで目元のたるみが改善されて、若返ります。なぜ目元がたるんでしまうのかと言うと、コンタクトレンズの長時間使用やパソコンの長時間使用、白内障手術などが原因とされています。心当たりのある方は注意していた方が良いでしょう。
上まぶたの眼瞼挙筋を縫う手術を行なうことで、目を開く力が強くなります。手術時間はおおよそ30分程度なので、すぐ終わります。自然に目元のたるみを治療したいと思っている方は、手術を受けた方が良いです。手術の時に痛みを心配する方もいますが、手術前に麻酔となる点眼薬をしますし目元の皮膚にも麻酔クリームを塗布します。そして、局所麻酔をするため麻酔の痛みはだいぶ半減されるでしょう。
眼瞼下垂の手術を受けることで肩こりや眼精頭痛、偏頭痛などの症状も改善されて、今以上に快適な生活を送れるようになります。手術後は目元を冷やすことで腫れを抑えられますので、アフターケアはしっかりと行なわなければなりません。

一重の方は眼瞼下垂の手術をしたあとに、二重手術を行なってみるのも良いでしょう。一重は目が腫れぼったくて小さく見えます。ついでに二重に整形することでよりパッチリとした目にすることができるのです。手術直後は腫れが目立ちますが、1ヶ月後はだいぶ自然になり半年後整形をしたと分からないくらい落ち着きます。

Copyright ©2015 二重整形でイメージが変わる|医師が素敵な目元に仕上げてくれる All Rights Reserved.

DESIGN BY FCT.